消費者金融の要注意点

TOP >

消費者金融の要注意点

たんぽぽ。 何かの理由で消費者金融を利用してみようと思った時に、人は何を基準に消費者金融を選ぶのでしょうか?
金利や融資枠などの実用性、コンビニ、ATMを利用できる利便性などいろいろあるとおもいますが、最近頻繁にみかけるようになったテレビCMなどで決める人も多くなっているようです。
そりゃまったく名前も聞いたことのない業者よりも、よく耳、目にするような大手業者のほうが安心で利用しやすいと考えますよね。
ですが、最近こうした消費者の心理を利用した悪質な手口が増えているようです。
やはり、金銭面で不安や悩みを抱えている時に、消費者金融の審査で有利な条件や有名な業者の広告、宣伝なりを目にすれば、そこの業者に手を伸ばす、その心理、気持ちはわかります。 しかし、そこは簡単に手を出さないで落ち着いて、借り入れに関する情報、条件などをしっかりと確認することを最優先にするべきなのです。
焦って手を出したり、安易な考えで借り入れをして悪徳業者に騙される、そんな事例も多数報告されているようです。
そんなことにならないためにも、消費者金融選びは冷静かつ慎重におこなっていただきたいとおもいます。
どうしても必要な時は安心感のある銀行カードローンなどの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

ネットバンクの利用者が急増中

卑劣な悪質業者の手口

新聞折り込み広告などで金銭面で悩む人を誘い騙す悪質業者が増えていて、そのやり方は悪質極まりないものです。
悪質な業者の作る折り込み広告の中には、大手の消費者金融にわざと似せて作った社名やロゴが使われているものがあり、その広告を見て大手の金融業者と思い込ませ、多額の融資を申込んできた人に対し その人の信用性の確認と偽り、別の金融業者などから多額の借り入れをさせてお金を送るように仕向け、指示通りにお金が送金されるとそれ以降は連絡がとれなくなるという典型的な詐欺の事例も多数発生しているようです。
確かに普段の暮らしの中で、大手の金融業者の広告はそんなにじっくり見ることもないでしょうから、パッとみそっくりな広告を見ても偽物と気付かないで電話などしてしまうこともあるかもしれません。
ですが、電話をする前に該当する大手業者のホームページを確認したり、貸金業登録の認可番号を確かめるなどの確認作業をおこなうようにしましょう。
また、そういった人を騙すための広告は信じられないような好条件を謳い文句にしていますが、逆にそんな広告を見たら疑うような警戒心を持つ位が適当なのではないかと考えます。
これもひとつの大きな注意点として頭の隅に入れておいてください。

トップへ
リスクありきの消費者金融 カードローン試験によって非常に重要である 金融の内容と同様に暗証番号をセットする 金利が消費者信用システムのカードローンより低い 消費者信用の短期小口金融のジャンル 規制方法の上限を越えてあった金融法の上限金利で貸付